プエラリアの主な副作用

プエラリアの主な副作用

 

プエラリアはあくまで食品であり、一般的に摂取するにはサプリメントでの摂取となりますので、薬ではありません。
そのため、摂取量などに厳しく制限が設けられているわけではないのですが、効果が強すぎるという理由から摂取に関してはきちんと用量を守るようにしなければなりません。
販売されているプエラリアにはきちんと1日の用量が記されているので、それ以上は飲むことがないようにする必要があります。
というのも、プエラリアは摂取しすぎた場合副作用が出る可能性が非常に高いからなのです。

 

命に関わるような危険な副作用は今のところ確認されていないのですが、肌荒れや健康を害する副作用が出てしまうので要注意です。

 

プエラリアの主な副作用

肌が荒れるというのは、ニキビができることも含めてなので、美肌効果があるはずのプエラリアを摂取しすぎることで肌トラブルが起こるのは納得がいかないかもしれませんが、過剰摂取になると肌に問題が起こることがあります。

 

また、肌だけではなく下痢を起こしてしまったり、逆にひどい便秘になってしまうこともあります。
副作用がそのまま肌にくることもあれば、便秘になってしまうことで体内に老廃物が溜まってしまい、結果的に肌荒れなどの肌トラブルにつながるという場合もあるのです。

 

プエラリアの主な副作用

植物性の安全な成分ではありますが、成分が強すぎるがゆえにこういった問題が起こりうることを知った上で摂取するようにしましょう。

 

健康と美容効果を体に与えてくれる成分で、植物由来だからという理由でプエラリアを過剰に摂取してしまうことにならないように十分に用量に気を遣って利用するようにしてください。

 

サプリメントのプエラリア含有量に注意!

最近では多くのプエラリア製品が販売されていますが、現状1番手軽な摂取方法となると“サプリメント”になるでしょう。
このサプリメントの数も非常に豊富であり、製品によってサプリ1錠あたりのプエラリアの含有量が変わってくるようになります。

 

その多くが、100mgの含有量程度に抑えられているのですが、それ以下のものもあればそれ以上のものもあります。
中には、含有量が500mgを超えるサプリメントも存在しています。

 

プエラリアの主な副作用

健康や美容への効果を得られると考えれば、やはり“たくさん含まれている方がいい”と考えてしまうのが人の常というものです。
ですが、プエラリアに関してはその考えは捨ててしまった方が良いでしょう。
プエラリアの1日の摂取上限量は、300mg前後が適しているとされています。
つまり、1錠あたり100mgのプエラリアが含まれているサプリメントは1日3錠までは飲むことができても、1錠500mgのプエラリアが含まれているサプリメントでは、1錠でもう過剰摂取になってしまうのです。参考webサイト:http://私のバストアップサプリ.com/

 

プエラリアの主な副作用

そこまで含有量の多いサプリメントを摂取してしまっては、過剰摂取になり、継続して摂取することで重大ながんなどの病気の発生リスクが高まりますし、まだプエラリアの成分に慣れていない体内環境では数々の副作用を起こす可能性がグンと高くなります。
そのため、サプリメントを購入する際には1錠あたりのプエラリア含有量は100mg程度のものを選ぶことをオススメします。

 

効果を少しでも早く得たい気持ちは分かりますが、効果が強いからこそ、急激な多量の摂取で健康を崩す可能性があることは絶対に忘れてはいけません。

 

量をセーブして安全に使用することで、初めてメリットと言える高い効果を得ることができるのだということを覚えておきましょう。
摂取量次第でメリットが得られるものにも、多大な副作用を与える危険なものにもなりえるのがプエラリアなのです。

 

プエラリアミリフィカNGの人はどんな人?

プエラリアミリフィカと言うと、女性ホルモンに似た働きがある植物成分のサプリメントです。
女性らしいフォルムを作りたい人や、生理不順や更年期障害に悩まされている人は、改善の見込みがあるので、是非お勧めなのです。

 

しかし、人によっては、高い効果がある反面、強すぎることが副作用にまでなってしまうことを考えると、医師からNGになる場合も多いのです。そこで、一体どんな人がプエラリアミリフィカNGの人なのでしょうか?

 

サプリメント自体は、栄養補助食品なので、普段の食事からでも不足している分を、補う形で存在しているのですが、一日の目安量がパッケージに記載されている為、それを守っている以上、何の副作用も無いでしょう。
問題なのは、それ以上に服用してしまった場合であり、過剰摂取は、胃腸に負担がかかりますし、効果が効きすぎて、女性ホルモンとしての働きである子宮や女性特有の病気を引き起こしてしまう可能性があります。

 

そうならない為にも、量はしっかりと守ることが大事なのです。又、最初から飲んではいけない、NGとされる人も、当然気を付けなければなりません。
NGとなる人は、未成年の人や、妊婦さん、出産後の授乳中の女性、生理中や、がん治療中の方は、摂取を控えるべきです。

 

特にがん治療中の方は、がんの進行を促進させてしまうので、絶対に飲んではいけないのです。
その他にも、プエラリアミリフィカには、イソフラボンと言った女性ホルモンに似た作用があり、このイソフラボンにアレルギーを持っている方も、当然、摂取はNGとなるでしょう。病気を抱えていて、現在治療中と言う方、服用中と言う方は、医師の相談をしっかりと受けてください。